赤ちゃんとだっこの関係

女性は妊娠したからの10カ月で身体はもちろん精神的にも大きく変化することがおおいです。

自分の体の変化にとまどいながらも母親になる準備をしていくものですが、出産したてのときは、まだ母親になったばかりでなにがなんだかわからないというほうが大きいものです。

赤ちゃんをだっこに興味ある方、必見です。

ただ病院ではおかあさんと呼ばれ、子育てがはじまってしまうので、休んでいる暇もなくとても大変な時期がスタートしてしまいます。


生まれてからしばらくは赤ちゃんはよく泣く時期が続きます。育児書ではおっぱいがほしいときと、お尻が汚れているときに泣くと書いてありますが、それ以外にまったく意味がわからなくても赤ちゃんはよく泣くものです。


赤ちゃんが泣くときはとにかくだっこをしてあやしてあげることが必要です。

おかあさんのぬくもりを感じてやがて、泣き止むだけでなく機嫌がよくなってくる赤ちゃんは多いです。

Girls Channelについて詳しく知りたいならこのサイトです。

はじめは眠ってばかりいた赤ちゃんもおかあさんをみて笑うようになったり表情がでてくると、余計にかわいくなってだっこすることも多くなっていくものです。
昔は母親がすぐにだっこをすると、だっこ癖がつくという人がいますが、そんなことはありません。それにその時期しかだっこはできないものです。


幼稚園の低学年のころまでやったとしても、小学生になってまで続いてしまうことはないですから、おかあさんは安心してたくさん抱っこをしてあげるといいでしょう。


それで子供に愛情が伝わっていくのでいいことです。



top